校長挨拶
  
 今元中学校はJR行橋駅から東方約3qのところに位置し、周防灘に面しています。地勢がきわめて平坦で、今元地区と、かつては島であった蓑島地区から成っています。
 校区内には、北部九州の祇園信仰の中心社とされる須佐神社があり、夏に催される祗園祭は県指定無形民俗文化財に指定されており、全国唯一の連歌奉納が行われています。また、浄喜寺は明応4年(1495年)に創建された歴史あるお寺で、浄土真宗大谷派の九州における最大・最古の名刹と呼ばれています。さらに、江戸期の干拓事業に貢献した守田蓑洲旧居、日本自然百選の一つで遠浅の海岸が美しい蓑島・長井海岸もあり、文化・歴史遺産が豊富で、自然に恵まれた風光明媚な地域です。近年は北九州市のベッドタウンの一角を担うように新興住宅団地が誕生して、校区の様相が変容しています。
 保護者の教育に対する関心は高く、PTA活動にも協力的で、除草作業やバザー、3年生激励餅つき大会など各委員会を中心に積極的に取り組んでいます。
 生徒は、概して明るく伸び伸びとして素直で純朴です。まじめな生徒が多く、担任と毎日やりとりをしている「コミノート」をきちんと提出して家庭学習の報告等、担任とコミュニケーションをとっています。また、よく挨拶し、体育大会、文化祭等、生徒会を中心に自分たちの力で感動する行事を創り上げており、地域や保護者からも高い評価を得ています。
平成26年度に終了した福岡県指定の「人権教育の系統的指導プログラム開発指定校事業」の成果と課題を踏まえ、研究主題を「主体的によりよい生活を創り出す子どもを育てる特別活動の推進」として、今年度からは県重点課題研究に取り組んでいます。

学校長 木下 寿一郎
  


 

 学校教育目標
   規律と礼儀を身につけ、自らの目標に向かって努力し、共に助け、支え合う生徒の育成。
   
 めざす学校像
   1.美しい環境と集中できる雰囲気の中で秩序ある学校
   2.いじめのない楽しい学校
   3.家庭や地域の信頼と協力に支えられた学校
   
 めざす生徒像
   1.規律ある生活と進んであいさつができる生徒
   2.自分の目標に向かって、よく学習し、よく働き、よく鍛える生徒
   3.共に助け、支え合う生徒
   4.自ら考え学び、基礎的・基本的学力を身につけた生徒